Contents
 

■更新履歴■
2/20 4月のスケジュール UP!
 

なんか語ってみる!
どうも!「I」ですw
今回は、スピーカーの音質についてです。

スピーカーも1000万を軽く超える物から数千円の物まで幅広くあります。

今回の内容は、MP3など流行の携帯端末などで使われるデーターを、超小型スピーカーで鳴らす為に、エージングで音の違いがあるかと言うお話です!
用意したスピーカー:BOSE M2 (Computer MusicMonitor)のシルバーとブラックの2セット


システムチューニング&セットアップ用ディスクには、Nordost TD1を使いました。

使用した曲は・・・
浜田省吾 「土曜の夜と日曜の朝」
THE BEATLES 「The Long And Winding Road」
Superfly 「愛をこめて花束を」
Grover Washington Jr. 「Winelight」
Randy VanWarmer 「Losing Out On Love~Just When I Needed You Most」

以上の曲を、320kbps 44100Hzに変換した物を用意しました。

普段使用しているスピーカーなので、エージングの違いがわかりやすいと思います!
今回は標準で付属しているケーブル(スピーカーとPCを接続)を使いました。(普段はBELDEN8412を使っています)
スピーカー台には100mm×150mm×30mmの御影石(石屋さんで切り出してもらった物)を使い、インシュレーターはaudio-technica AT6089CKを使用しての聴き比べです。

前置きが長くなりました・・・

では、BOSE M2(BK)をNordost TD1で、1日3時間を1週間慣らしをしてみました。
(BOSE M2(BK)は新品の物)
慣らしをしていないBOSE M2(S)との音の違いは・・・

1曲目:浜田省吾 「土曜の夜と日曜の朝」と言う曲は、ベースが楽しい曲で、スラッピングがふんだんに使われているテンポのいい曲です。
◆曲の始めのバスドラのドンドンが切れが良く、その後にくるベースの切れとサックスの立ち上がりがよくなりました。

2曲目:THE BEATLES 「The Long And Winding Road」は、オーケストラ・コーラスの美しい曲。
また、オーケストラはヴァイオリン18、ヴィオラ4、チェロ4、ハープ1、トランペット3、トロンボーン3、ギター2、ドラムス1、さらに14人の女声コーラスの編成になっています。
◆ポールのヴォーカルとピアノで始まり、その後、すぐにオーケストラとコーラスが曲の壮大さと、流れの美しさが、どう変化するかに注目しました。
ストリングの伸びがよくなり、コーラスも心地よく全体のバランスが良くなった感じです。

3曲目:Superfly 「愛をこめて花束を」は、ミディアムテンポから始まり、間奏前からテンポがよくなり越智志帆さんの力強いヴォーカルの表現の移り変わりに注目!
◆小刻みで始まる感じの歌い出しも、メリハリが出ています。
3分8秒からのヴォーカルの伸びとシャウトに近い叫びも、非常に聴き易くなった感があります。

4曲目:Grover Washington Jr. 「Winelight」は、ベースとドラムから入り、その後にくるサックスが心地よい曲。薄暗い部屋で聴くといい!(個人的な感想w)
◆ベースもドラムも歯切れがいい!曲の後半、サックスとリズムギターのバランスが取れている。以前はギターが若干前に出ていて、カッティングがうるさく感じたがいい具合になった!

5曲目:Randy VanWarmer 「Losing Out On Love~Just When I Needed You Most」は、Losing Out On Loveはアップテンポな曲調でJust When I Needed You Mostはミディ
アムテンポな曲。
◆Losing Out On Loveの出だしはギターのカッティングで始まる・・・1つ1つきちんとカッティングされている!以前は変にもたつきがあって、ドラムに押し潰された感じだったけど、エージングの後はきちんと聞き分けられるようになっている。
◆Just When I Needed You Mostの出だしはギターのアルペジオで、1本1本明確になった。ヴォーカルの伸びが非常によくなり、Randy VanWarmerの透明感に磨きが掛かった様に感じる!

総評:エージング前と後では、曲に明るさが加わり、立ち上がり、伸び、切れなども明確になった。

今回使用したスピーカーは、1セット37000円の物でしたが、まぁ、値段に見合った音になった。
10000円前後も出せばクオリティーの高い物が手に入ります。
JBL PEBBLESは、1セット5000円チョイで購入可で、東和電子のOlasonicと言うスピーカーは、卵形で非常にかわいいフォルムですが、音はバランスのいい物で癖がないスピーカーです!Olasonic TW-D6 1セット7000円チョイ

あくまでも、個人的な感想なので、参考までに・・・
ちなみに、手っ取り早く音を良くしたいなら、ケーブをm/2000円~3000円の物にする方が早い><(10000円前後のスピーカー用に・・・)

日本橋のオーディオ専門店だと、加工もしてもらえるかと思います。
ハイエンドなオーディオシステムを組む方がいいのでしょうが、金額的にとかスペース的にとか、色々問題もあると思います。
時間があれば、エージングし、1m数千円ケーブルにするだけでも、相当いい音になります!
 
  
  
  
  



 
Piano Bar Kiyomiより、大切なお知らせ!
 
皆様にご利用いただいていました
Piano Bar Kiyomi
スタンプカードは諸事情により、
2017年6月30日をもちまして、終了させていただきます。
申し訳ございません。

7月1日以降は押印できませんが、貯まったポイントはお使い頂けます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。




 
 
恋するフォーチュンクッキー踊ってみた!
【Piano Bar Kiyomi Ver.】

 



 
Information
 
Kiyomi Lonely Hearts Club Band Live No.15

2017年7月16日(SUN)
AM11:30~PM4:30
会場 梅田Always
◎参加費 無料
◎テーブルcharge¥500-※飲食代金は各自ご精算ください。
※どなた様もご自由にご参加頂けます。



 
Live開催時間の変更のお知らせ
 
Live開催時間の変更をさせていただくことになりました。
これまではPM8:30~11:00の45分stage×2回でしたが、
 
 
  または、下記の2stage制とさせていただきます。
 
 
  どうぞよろしくお願いいたします。



 
 
Internet
 
当店では、お客様がインターネットに接続していただけるように、
Wi-Fi環境をご用意させていただきました。

■提供内容■
フレッツ光ネクスト ファミリー スーパーハイスピードタイプ 隼




 
Browser
 
● Google Chrome ● Internet Explorer 8 以上

※2ブラウザで確認が取れています。



 
 
Address
 
〒552-0014 大阪市港区八幡屋1-3-17
レインボービル1F
TEL (06) 4395 - 1200



メールでのお問い合わせ






copyright©2013 Piano Bar Kiyomi all rights reserved.